ナガセビューティケァ/「らしさ」をテーマに/販売員と顧客の若返り狙う

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

販売員らが「自分らしさ」を表現した写真をインスタグラムに投稿

 化粧品訪販のナガセビューティケァ(本社東京都、吉野公啓社長)は9月、30~40代の顧客・販売員の新規獲得の活性化を目的に新施策の展開を開始した。「自分らしさ」をメインテーマに据え、スキンケアの新商品を発売。インスタグラムなどSNSを絡めた展開を積極的に行い、30~40代の顧客の獲得とリクルートにつなげるのだとしている。インスタの専用アカウントにはすでに、販売員らが「自分らしさ」を表現した写真を100枚以上投稿するなど、まずまずの滑り出し。多くの販売員・顧客を巻き込む一大ムーブメントにしていきたい考えだ。

(続きは、「日本流通産業新聞」9月19日号で)

新スキンケア商品「RASISA(らしさ)」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ