トランスコスモス/ブロックチェーンを活用/ジャスミーと実証実験開始

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

デジタルマーケティング・EC・コンタクトセンター統括 デジタルコミュニケーションセンター総括サービス企画推進本部ソリューション統括部ソリューション企画部・岩浅佑一部長

 トランスコスモスは6月27日、IoT向けのプラットフォームやソリューションの提供を手掛けるジャスミー(本社東京都、佐藤一雅社長)と、ブロックチェーンを使用したコンタクトセンターアプリケーションの開発と実証実験に取り組むと発表した。両社が持つ技術力やノウハウを共有し、次世代コンタクトセンターの運用を目指す。
 ブロックチェーン技術を活用した顧客情報の保有の在り方を変える構想を立てている。具体的には、従来コンタクトセンター側のサーバーで管理・保有する応対履歴を顧客自身が管理。顧客側で保有するデータは、ブロックチェーン技術を用いることで分散処理を行い、安全に情報を保持することができる。
 顧客が再度コンタクトセンターを訪れた際に、その都度顧客情報を提示することもなくなる。コンタクトセンターは必要時のみ顧客に許可を求めて情報を閲覧し、対応が終わった後アップデート分の情報も含めて顧客に返す。
 「通常のオペレーションと最も違うのは、コンタクトセンター側で個人情報を持たない点。消費者が快適に過ごせる環境をジャスミー社と作っていきたい」(デジタルマーケティング・EC・コンタクトセンター統括 デジタルコミュニケーションセンター総括サービス企画推進本部ソリューション統括部ソリューション企画部・岩浅佑一部長)と説明する。
 トランスコスモスは18年12月、ジャスミーとの共同事業の検討を開始。ジャスミーが1月、IoTプラットフォームの普及を目的に設立した「Jasmy Initiative」に参画し、会員企業らと共同しながら次世代コンタクトセンターの開発を進める予定だ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ