消費者庁/黒髪効果に根拠なし/ECホールディングスに措置命令

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

あたかも摂取するだけで白髪が黒髪になるかのような広告表示を行っていた

 消費者庁は6月5日、自社商品のネット通販事業を手掛けるECホールディングス(本社東京都、井関貴博社長)に対し景品表示法違反で措置命令を行った。ECサイト上で販売するヘアケア用サプリメントの広告表示において、あたかも摂取するだけで白髪が黒髪になるかのような広告表示を行っていた。消費者庁は裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を要求したが、提出はなかった。
 措置命令の対象となったのは「ブラックサプリEX」。ランディングページ(LP)上で、白髪の女性と黒髪の女性のイラストを載せ、イラストと併せて「1日3粒飲むだけで私もこんなに変われた秘密のサプリ!※3粒は目安です」などと記載していた。該当の広告表示期間は2018年10月から19年2月の間。
 18年10月から19年2月の間、自社ECサイト上で「※使用感には個人差がございます」、同年1月15日から2月4日の間、「※お客様のお声であり、実感には個人差がございます。効果・効能を保証するものではございません」と記載していた。しかし、消費者庁は対象商品の効果を打ち消すものではないとした。
 消費者庁は、課徴金調査のため該当商品の売上高は公開していないが、累計販売個数は70万個ほどとみている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ