ニナファームジャポン/新製品「サンテアージュOX―288」投入/12周年コンベンションを開催

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

あいさつするベジット・イディアス会長

 ニナファームジャポン(本社東京都、ベジット・イディアス会長)は6月1日、主力の栄養補助食品である「サンテアージュOX」をリニューアルした新製品「サンテアージュOX―288」を投入する。4月20日に横浜で開催した「12周年アニバーサリー2019・ライジングウーマン」で発表した。
 6月1日に投入する新製品「サンテアージュOX―288」(会員価格1万2300円)は、植物を独自の発酵技術で生成した新素材「オキシリアバイオータ」を含有した。仏・ニナファーム社は数年前から「ターゲティングミトコンドリアプロジェクト」を展開。オリーブ葉やローズマリー葉、黒インゲン豆から抽出した、健康長寿にカギを握る「メタボライト(発酵代謝物)」を、独自の発酵技術を生成することに成功し、配合した。
 ベジット・イディアス会長は冒頭のあいさつで「当社は、ミトコンドリアが人間にとってどのようなエネルギー源になるのか研究してきた。皆さまのエネルギー源を力強く発揮してもらうためにサポートしていきたい」と話した。
 仏・ニナファーム社のマイテ・ブルノ―社長もスピーチ。「ニナファームの使命は、何百万人もの健康や生活を改善するエネルギー源を生み出すことだ」と話した。
 大島浩道CEOは「今日、かけがえのない仲間と12周年を刻めることを光栄に思う。テーマに掲げた『ライジングウーマン」は女性に対する感謝の思いを込めた」と説明。マザー・テレサの言葉を引用し、「どんな人であっても尊重し、愛、敬意をもって接すれば目的を達成するだけでなく、周囲の人に幸せを届ける人になる。このような信念をもって努力を惜しまず、ニナファームに関わる人になってもらいたい」と話した。
 山田安宏副社長は「『志を立てて、以て万時の源をなす』。志があればどんな困難にも打ち勝つことができる。自分の志を立てて、ニナファームビジネスの成功につなげて欲しい」と話した。
 イベントでは、イディアス会長が、フランスの登山家2人を交えたプレゼンテーション、タイトル昇格者への表彰のほか、ゲストライブが催された。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ