ナガセビューティケァ/タニタとコラボ/静岡にフィットネスサロン開設

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

オープンした女性向けフィットネスサロン

 化粧品訪販のナガセビューティケァ(本社東京都、吉野公啓社長)は4月19日、健康機器メーカーのタニタのグループ会社で、女性向けフィットネス事業を展開するタニタフィッツミー(本社東京都)と共同で、静岡・湖西市に女性向けフィットネスサロンをオープンする。
 サロンでは、タニタフィッツミーが提供するサーキットトレーニングと、ナガセビューティケァの美肌測定器「AGE’s測定器」を使って、美容と運動の観点から体づくりを支援するとしている。
 サーキットトレーニングでは、有酸素運動と筋力トレーニングを、複数人で円形になって30分間行う。効果的に全身運動ができるとしている。仕事帰りや買い物ついでに気軽に利用できることから、女性に人気があるという。タニタフィッツミーは全国で50店舗以上を展開しているとしている。
 施設内には、タニタの体重計や筋力計の他に、ナガセビューティケァが訪販の現場で美容カウンセリングに使用している「AGE’s(最終糖化物質)測定器」を導入した。同製品を使って、シワやたるみ、くすみの原因となるAGE’sの状況を定期的にモニタリングすることができるとしている。
 同サロンでは今後、美容セミナーを開催したり、ナガセビューティケァが持つ肌分析機器や毛細血管観察器を導入したりしていくという。美と健康のソリューションを提供する拠点として、活用していく予定だとしている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ