日本テレビ/深夜枠で新コーナー/若い顧客層にアプローチ

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

MCにナジャ・グランディーバを起用した日テレ通販の新コーナー「おためしポシュレちゃん」

 日本テレビ放送網は10月17日、深夜枠でテレビ通販の新コーナーを開始した。出演者には収録時に初めて商品を説明して、それによる素直な反応を流すことで商品が持つ魅力を視聴者に伝える。収録時にスピンオフ動画を撮影し、ユーチューブでも配信。さらに出演者によるSNSへの投稿で情報を拡散する。既存より若い顧客層にアプローチするほか、新商品の発掘や開発につなげる狙いもある。
 新コーナーの名称は「おためしポシュレちゃん」。MCでおためし隊の隊長にタレントのナジャ・グランディーバ、副隊長には女優の信江勇を起用し、現役女子大生やインフルエンサーが商品を紹介する。
 商品を紹介するプレゼンター役の女子大生以外には、事前に商品情報を知らせない。プレゼンター以外の出演者は収録時に初めて商品の魅力や特徴を知り、それたに対する素の反応を放映する。
 新コーナーの特徴は「出演者による生のリアクションや反応を重視している。女子大生による説明が、たどたどしい場合もそのまま流しているし、商品を紹介されたときの驚きも素直な反応が伝わると思う」(事業局通販事業部・秋山英俊プロデューサー)と説明する。

(続きは、「日本流通産業新聞」10月18日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ