JSIX JAPAN 〈グローバルで年内20万人組織を目指す〉/ワールドコンベンションに800人が参集

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

あいさつする菅原淳司会長

 東南アジアを中心にグローバルで展開する、JSIX JAPAN(ジェイ・シックスジャパン、本社東京都、菅原淳司会長)は、グローバル展開を強化し、年内に20万人の構築を目指す。17年に進出した中国には、上海にサロンを開設し、代理店方式での組織拡大を狙う。19年にはフィリピンに進出することを計画する。国内では、11月から、サプリメントやスキンケアなどの消耗品を中心とした定期購入制度を開始し、リクルート支援につなげる。9月23日に都内で開催した「ジェイグループ・ワールドコンベンション2018」で菅原会長が明らかにした。コンベンションには、東南アジアなど6カ国のメンバーが来日、約800人が参集した。

■□
 コンベンションで菅原会長は「Jグループは今年大きな飛躍を遂げることができた。さまざまな画期的な商品を通じてグローバルで組織を広げていきたい」との意気込みを話した。
 海外進出について、昨年12月、中国・上海、米国、マレーシアに進出したことを報告。コンベンションでは来日した各国のトップリーダーがスピーチを行った。コンベンションには有力な代理店組織を持つ経営者も来日した。日本国内の在日中国人に組織が広がってきているという。
 日本の組織については、18年度のイベントに延べ2000人が参加し好調であることを強調。11月にオーストラリア・シドニーで研修旅行を兼ねた「オーストラリア・コンベンション」を開催する予定で、条件を達成した約350人が参加することを明らかにした。また、19年4月に開催する研修旅行は、米国・ハワイにすることを決定し、約500人規模になる見通しを明らかにした。
 女性の活躍を支援することを目的とした「女性活躍推進財団」の設立を発表。代表理事に、菅原会長のほか、一般社団法人全国勝手連連合会の光永勇会長が理事に就任したことを発表した。女性の起業家を支援するほか、乳がんの撲滅運動、シングルマザーの子育て支援を行う考えだ。活動を通じて、ブランディング向上につなげる。
 10月14日に大阪府立体育館で開催する全日本空手道選手権大会は、昨年に引き続き「JSIX JAPAN」がメインスポンサーを務めることを発表。全選手の柔道着に「JSIX」のロゴが掲出されるほか、スキンケアシリーズ「金桜化粧品」のPR映像が会場内で放映され、大会の模様は、全国にテレビ放送されることを報告した。


■サプリメント「Jミネラルプレミアム」投入
 JSIX JAPANの居石勇雄CEOは、商品を中心とした事業戦略発表で10月中に、新サプリメント「Jミネラルプレミアム」を投入することを明らかにした。
 高純度のミネラルと高解離水を組み合わせたのが最大の特徴。微量のミネラル70種類を摂取することができるという。料理などにも使え、ミネラルを効率的に摂れるとしている。
 今年5月に発売したバナジウム水「ジェイウォータープレミアム」と組み合わせて使用することで、より高い効果が期待できる。
 このほか、ヘアケア製品「JCスカルプ3点セット」も発売。クレンジング、シャンプー、トリートメントを詰め合わせた。
 グループ会社ジェイ・ファミリーの本間信博社長が今後の戦略について発表。富士山麓で採取したバナジウム水「J—WATER(ジェイ・ウォーター)プレミアム」が好評であることを報告した。ホームケア美容健康機器「ケルタ」の投入も発表した。つぼセンサーを搭載したホームケア美容健康機器で、微量な電流の変化をキャッチし、つぼの位置を音で知らせることで効率的にケアが期待できる。
 「ウルティマH2o高解離水で心身爽快に」をテーマに、NPOプロトン医学研究所の大坪亮一理事長博士が講演したほか、シンガポールや中国など展開国の代表があいさつした。
 第2部では、ハワイや韓国などからゲストを招いたパーティーが催され、盛況のうちに終了した。

「ジェイグループ・ワールドコンベンション」会場の様子

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ