だいにち堂/消費者庁を提訴/措置命令の取り消し求める

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

措置命令を受けたのは、だいにち堂が販売したアイケアサプリの広告表示

 健康食品通販を手掛けるだいにち堂(本社長野県、皆川和恵代表)は8月24日、消費者庁を提訴した。消費者庁が17年3月に行った、景品表示法違反に基づく措置命令の取り消しを求めている。だいにち堂が販売したアイケアサプリの表示が景表法に違反するとの判断に対し、だいにち堂は措置命令直後から法的に対処する構えを見せていた。
 問題となったのは、だいにち堂の新聞広告表示。

(続きは、「日本流通産業新聞」9月27日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ