ニュースキン/初の北アジアコンベンション開催/東京ドームに2万5000人超参集

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

あいさつするナピアスキー社長

 ニュースキンジャパン(本社東京都、ライアン・ナピアスキー社長)は12月5日と6日の2日間、「北アジア リージョナル コンベンション 2014 Bridging Dreams to create  history」を東京ドームで開催した。
 日本と韓国からディストリビューター2万5000人超が参集。ニュースキンの違いである「People(人)」「Product(製品)」「Culture(文化)」「Opportunity(機会)」をテーマにスピーチしたほか、日本と韓国から多くのタイトル達成者を表彰した。
 初日の「Nu STAR ユニバーシティ」では、ニュースキンのビジネスオポチュニティやgenLOCの最新テクノロジーとサイエンスを紹介し、新製品を発表。このほか、北アジアで活躍する日韓のチームエリートによる講演などを行った。
 2日目の「Nu STAR アワード」では、ニュースキン ジャパンのライアン・ナピアスキー社長兼北アジア地区担当プレジデントがスピーチ。(1)Product(製品)(2)Opportunity(機会)(3)Culture(文化)(4)People(人)─の4点におけるイノベーションをトピックに挙げた。

(続きは本紙1月22日号で)

「北アジア リージョナル コンベンション」会場のようす

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ