活気づくメーカー系通販/次の一手は「海外販売」

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

カゴメの野菜ジュース「つぶより野菜」

 メーカー系通販がにわかに活気づいている。カゴメは17年12月期に、通販売上高がはじめて100億円を突破。小林製薬も、17年12月期の通販売上高100億円を2期ぶりに達成。ライオンも、売上高の実数値は非公開だが、16年12月期に2期ぶりに再達成した通販売上高100億円を17年12月期もキープできたもようだ。各社とも通販チャネルの販売強化に意欲的で、特に「海外」に熱視線を向けている。

(続きは、「日本流通産業新聞」3月1日号で)

小林製薬は「サラシア100」でブランド育成を展開

カゴメの機能性表示食品「リコピンコレステファイン」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ