【勝手にECサイト分析】アンバイ「UNBY STORE」/ファーストビューが重要

「UNBY STORE」のトップページ

ECサイトの「UNBY STORE(アンバイストア)」は、ブランドの「AS2OV(アッソブ)」や「WISCE(ワイス)」のリュック、バックパックなどのメンズバッグと、自社がセレクトした雑貨を販売するオフィシャルECサイトだ。
 サイトを訪れるとかなり大きい画像が目に飛び込む。スライドショーには動画や取り扱っている商品が並ぶ。
 その中でも動画のクオリティーがとても高い。
 スマートフォン(スマホ)が普及し、通信環境もいいので、動画での訴求効果が高い。
 グローバルナビ(サイトの全ページに共通で設置されるコンテンツの案内メニュー)には、「ONLINE SHOP」「LOOKBOOK」「STORE」「ABOUT US」があり、特に「LOOKBOOK」はブランドのコンセプトをしっかり伝える内容になっている。全国のUNBY商品の取り扱い店舗も探せるようにもなっている。
 商品の選び方は、「アイテムの種類」「スタイルから」「ブランドから」で選べる。どれも画像が大きくクオリティーも高く、商品の感度の鋭いものばかりで、ついついクリックしてしまう。
 商品ページは商品画像が大きく、詳細画像も分かりやすく並んでいる。
 全体的なカラーやフォントの使い方、イメージ画像も統一されている。
 サイトの仕組みはレスポンシブデザインになっており、タブレット、スマホでも最適化されていてとても見やすくできている。
 売れるECサイトとは何か119643サイトに訪れた瞬間、興味や感動を与えられるか。
 ウェブの世界では「3秒ルール」というものがある。特にアパレル商材や雑貨の場合、ファーストビューが重要だ。
 これはスマホでも同様。動画があるのも、知らないお客さまにブランドのコンセプトを伝えるためだ。
 商品の画像の感度も良く完璧なサイトである。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ