【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□253 ジャパンEコマースコンサルタント協会 宮松利博特別講師・参事〈「クラシルストア」〉/ミールキットの躍進にコロナ後のヒント

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「クラシルストア」で販売しているミールキット

■非接触でサポート

 ほぼ全世界が自粛生活を余儀なくされたそのとき、一気に株を上げたECといえば「ミールキット」業界です。つまり「一食分を調理するのに必要な食材セット」を宅配するサービスです。
 従来、日本では出前サービスが人気でした。しかし、今回は「キャッシュレス決済」「非対面受け取り」などの衛生面の課題と、毎日の家計のことなのでという経済的理由から、オンラインで食材だけを手軽に注文できるミールキットが注目されたようです。
 海外では「HelloFresh(ハローフレッシュ)」などが注目されましたが、日本のサービスで際立ったのが、「クラシルストア」のミールキットです。

(続きは、「日本ネット経済新聞」5月14日号で)

〈筆者プロフィール〉
みやまつ・としひろ
 株式会社ISSUN代表取締役。00年からEC数社を立ち上げ、年商20億円などの急成長で、06年に株式上場。同時に保有株を売却、渡米しシリコンバレーなど海外の次世代eコマースの運営現場を研究しながら、スマホやソーシャルメディアによる新たなマーケティング手法を確立。11年にウェブ制作・マーケティング会社、ISSUNを設立。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ