【戦略を聞く】〈「RUKAMO」〉/自社の課題から出品型の滞留在庫ECを開始

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

新サイトの戦略を語る鈴木淳也取締役

 スマホグッズのECサイト運営やクラウド型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」を展開するHamee(ハミィ)は2月13日、EC事業者の滞留在庫を販売するECサイト「RUKAMO(ルカモ)」を20年3月に開設すると発表した。自社だけでなく「ネクストエンジン」の利用店舗も課題と感じている滞留在庫を解消するのが狙い。「ネクストエンジン」利用店舗以外からも出品を受け付ける方針だ。
 鈴木淳也取締役は、「滞留在庫は自社の課題でもあった。スマホケースは売れる時期が限られており、在庫を置いておく倉庫も限られている。同じような課題は『ネクストエンジン』の利用店舗にもあるのではと考えて調査した」と話す。
 「ネクストエンジン」のデータを分析すると、利用店舗全体では年間流通額の約10%が滞留在庫になっていると推測できた。20社ほどにヒアリングすると、アパレルなどでは在庫全体の50%が滞留在庫になっているケースがあったという。

(続きは、「日本ネット経済新聞」2月20日号で)

【データ】 
■販売チャネル「自社サイト」
■導入システム「ネクストエンジン(一元管理システム)」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ