【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□239 ジャパンEコマースコンサルタント協会 清水将平特別講師〈「コストコ」〉/会員制通販サイトとしての魅力が満載

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

コストコが運営する会員制のECサイト

 今回は、19年12月10日にオンラインショッピングをスタートしたコストコのオンラインショッピングサイトについて、勝手に分析させていただきます。
 コストコと言えば、日本でも人気の米国発の会員制倉庫型店。日本にも大都市圏を中心に26の倉庫を展開しています。通販はすでに米国、カナダ、英国、メキシコ、韓国、台湾などで開始しています。これにより日本全国のお客さまが有料のメンバーシップに入会することで、コストコの商品を購入できるようになりました。
 コストコのオンラインショップは、基本的にすべての商品が配送料込み、北海道と沖縄は、別途配送サーチャージが必要のため、店頭と価格は異なります。
 現時点で冷蔵商品の取り扱いはありません。会員登録した住所も含め四つまで登録できるため、自宅以外への配送も可能。ただし、配送日や時間指定はできませんので、ラッピングなどが必要なギフトとしての配送は難しそうです。


■O2Oの仕掛けも

(続きは、「日本ネット経済新聞」1月23日号で)

〈筆者プロフィール〉
しみず・しょうへい
 日本ECサービス代表取締役。03年から07年に楽天にてECコンサルタントなどを経験。日本全国1200社以上の楽天ショップが加盟する日本最大級の会員サポートサービス「ECマスターズクラブ」を運営。また自ら日本全国47都道府県に訪れ、セミナー講師としても年間1500人以上にノウハウを教える。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ