【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第278回 〈青森ヒバ専門ECサイト「わいどの木」〉/青森ヒバのおがくず活用、ユニーク名でヒット

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

村口要太郎氏

 秋田スギ、木曽ヒノキと並び日本三大美林の一つして知られる青森ヒバ。青森県下北半島・風間浦村にある村口産業では、一般建築材の製材・販売と並行し、木工品やアイデア商品の製作・販売を行っている。青森ヒバにほれ込み、ヒット商品「ヒバ爆弾」をはじめユニークなオリジナル商品を生み出している村口要太郎社長に聞いた。

◆こだわり・特徴

 青森ヒバには、抗菌、防虫、防湿、消臭、リラクゼーションなどさまざまな効果があり、健康で快適な生活のためにヒバ製品を取り入れるなど、静かなブームとなっている。
 「当社では、貴重になりつつあるヒバを最後まで使い切ることを大切にしており、近年はおがくずやアラカンナ(ヒバ材を薄く削りだしたもの)に至るまで、大切に商品化しています。青森ヒバが持つ効果を生かし、皆さまの健康な暮らしのお手伝いができればと考え、日々商品開発をしています」
 「わいどの木」の特徴は、製材所ならではの素材を生かした商品。消臭・防カビグッズから家具やDIY素材まで、幅広い品ぞろえだ。
 「本来捨てられていたおがくずをいかに商品化するか、と考えて生まれたのが『ヒバ爆弾』です。ただの厄介者扱いされていたおがくずを固めることで一つの商品となり、さらに香りを真空するというアイデアで青森ヒバ100%の消臭芳香除湿剤となりました。”爆弾”というインパクトのある商品名が、興味を引くことにつながったと思います」


◆反響・声

 お客さまから「これをヒバで作れないか?」という相談が来ると、まずやってみるという村口さん。面白いことが好きな性格が、商品の宣伝にもつながっている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」11月21日号で)

〈運営会社概要〉
【運営】有限会社 村口産業
【開設時期】2005年
【スタッフ数】10人(他業務兼任)
【ショップ形態】自社ショップ
【導入システム】おちゃのこネット
【配送委託先】佐川急便、ヤマト運輸

「ヒバ爆弾」

「ヒバチップ」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ