【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□230 ジャパンEコマースコンサルタント協会 小林厚士理事〈日野製薬〉/歴史ある胃腸薬メーカーがDtoC挑戦

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

日野製薬のECサイト

 長野県木曽郡木祖村にある日野製薬では、江戸時代から伝わる胃腸薬の百草をもとに作られた百草丸、普導丸などの製造、販売を行っている。現在、民間伝承薬または自然の生薬を用いた生薬製剤の市場は、長年にわたり縮小傾向にある。
 一方、高齢化社会の中、セルフメディケーションの重要性が高まっており、自然の生薬による薬に年々、注目が集まっている。
 自然の生薬を用いた生薬製剤は、現代医療だけでは完治しきれない、あるいは緩和ケアを必要とする疾患に対して、補助的に用いる薬として見直されている。病気の予防や疾患の治療後に、健康維持のために用いる薬としても注目されている。


■メーカーの思い伝える

 日野製薬はこれまで、メーカーとして製品の品質、有効性、安全性の維持を徹底し、卸販売をメインに行ってきた。

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月17日号で)

〈筆者プロフィール〉
こばやし・あつし
 99年に楽天市場出店。最大7つのECサイトを運営。楽天店舗では02年、楽天ショップオブザイヤースーパーオークション賞受賞。長野県・新潟県・富山県・山梨県登録専門家(IT部門)。経済産業省中小企業支援ネットワーク強化事業 認定専門家。物販で培ったマーケティングノウハウを生かす、経営視点かつ現場最優先の実践的なコンサルティングを得意とする。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ