【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□226 ジャパンEコマースコンサルタント協会 松本順士理事〈おやつなおやさい「SLOW MUFFIN」〉/スマホに最適化したデザインが秀逸

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

トップページ

 おやつなおやさい「SLOW MUFFIN(スロウマフィン)」は、アレルギー7品目不使用、野菜の甘みがおいしいマフィンを販売しているECサイト。
 サイト名通り、ファーストビューには野菜のイラストが画面いっぱいにあり、スクロールしていくごとに商品を理解できるようになっている。
 レスポンシブデザインで、画像やテキストを見るとスマートフォンを意識した構成となっている。またスクロールする後に、ブランドや商品理解ができるようになっているため、飽きずに最後までスクロールしてしまう。
 スマートフォンの縦のピクセル数は約1万7000ピクセルあるが、ブランドや商品が1ページで理解できるため、ユーザーにとっては良い。よくリンクばかりがあるスマートフォンサイトがあるが、ユーザーは迷子になってしまう。
 トップページの商品一覧から、そのままカートに入れることができるところも非常に良い。気になったのはSNSの活用。商品ニーズがあり、画像映えもする商品なのに、更新ができていない。


■送料設定がハードルに

(続きは、「日本ネット経済新聞」9月19日号で)

〈筆者プロフィール〉
まつもと・じゅんじ
JECCICA 理事
エスアンドティーパートナーズ 代表取締役

 競合激しいレディースアパレルECにおいて、たった4年で年商30億円を売るECサイトを作った経験がある。現在までに1000社を超えるコンサルティング実績があるため、さまざまな業種に対応できる。コンサルティングだけではなく、サイト制作、広告、モデルタレントの派遣、セミナーなど、インターネットビジネスに関することをトータルでサポートしている。

コンテンツもスマホに最適化

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ