【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□219 ジャパンEコマースコンサルタント協会 笹本克特別講師・参事〈「桐の蔵」〉/”一生物”の桐たんすを売るネットショップ

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

トップページで展示会情報などを発信

 「桐の蔵」は日本一の桐たんすの産地である新潟県加茂市で三代続く桐たんすの工房である。創業70年の老舗だが、専務であり伝統工芸士の鈴木進氏が独学でネットショップを開設した。
 鈴木専務は、「修理は手を抜こうとすればどこまでも手を抜けるが、桐たんすは呼吸をさせなければならない」と話す。
 99年から桐たんすの修理サービスを開始した。当時は古くなると簡単に捨てられていた桐たんすだが、鈴木専務は手を加えれば100年以上も使用できるはずという思いから、古箪笥再生事業部を立ち上げた。
 この取り組みがマスコミにも取り上げられ、全国各地から修理の依頼が殺到した。親や祖父母から受け継がれた桐たんすは、ただの収納家具ではない。多くの思いが詰まっている品物だ。現在も修理は10カ月待ちとのこと。


■展示会の受注率6割

 同社は伝統の桐たんすの他、現代のフローリングの部屋にも合うモダンなデザインの桐チェストの製作にも力を入れている。これらの商品も女性雑誌などに取り上げられている。
 ネットショップのトップページでは、メディアの掲載情報や全国での展示会への出展情報を主要コンテンツとしている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月25日号で)

〈筆者プロフィール〉
ささもと・かつ
 全国各地で有名ネットショップを輩出。自治体・関連団体でもEC関連の講演や講師を務めている。DeNAやヤフーのショッピング事業部スタッフへのレクチャーや、ドリームゲートの起業講座のほか、上場企業から中小企業までコンサルサイトの累計は約600社に至る。多岐にわたる業種でのコンサルティング実績も豊富。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ