【グローバルEC最前線】 インドの急成長ECモール〈「タタ・クリック」〉/倉庫持たないオムニ型モールで急成長

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

タタ・インダストリーズのサウヴィック・バナジーCTO

 インドの財閥で120社以上のグループ企業を有するタタは14年、インドでECモール市場に参入した。タタ・インダストリーズが運営するオムニチャネル型のECモール「タタ・クリック」は15年から本格展開を開始し、延べ50億人の来訪者を集め、受注件数は300万件弱になるという。倉庫を持たず、リアル店舗との連携を重視したビジネスモデルで先行企業と差別化し、成長を続けている。
 タタは他社を追随する方法ではなく、インドで培った圧倒的な信頼性を武器に独自のECモールを構築することにした。顧客ターゲットを35〜60歳に据え、一流ブランドが何でもそろうECモールを目指し、「倉庫を持たない」モデルを採用した。
 「インドでECモールを展開するフリップカートやアマゾンは毎年、巨額な投資を行い、確保した在庫をディスカウントして販売している。ブランドは利益を吸い上げられている。『タタ・クリック』では、ブランドの実店舗をフルフィルメントストアとして活用している」(サウヴィック・バナジーCTO)と説明する。

(続きは、「日本ネット経済新聞」9月27日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ