【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□37 ジャパンEコマースコンサルタント協会 川連一豊 代表理事〈「ポルトガルワインとオリーブオイル メルカードポルトガル」〉/一線画するウェブ・EC戦略で差別化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

川連一豊氏

 出荷のアウトソーシングやシステムをうまく使って、夫婦だけで運営しているネットショップがある。それが、鎌倉に拠点を置く「ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugalメルカードポルトガル」(http://www.portugal.co.jp/)だ。
 このお店の目玉商品は「オリーブオイル」。予約が殺到する人気商品になっている。レビューを見ると多くのお客さまに支持されているのが分かる。このオリーブオイルは広告や集客の施策はほとんど何もしていないのだが、コンスタントに毎月1500本ほど出荷するヒット商品となっている。
 メルガードポルトガルが大切にしているのは、自分たちが選んで良いと思った商品だけを販売しているということだ。実際にポルトガルまで足を運んで自分たちの五感で確認していることがヒット商品を生み出すきっかけになっている。
 と言ってもなかなかできないことだが、毛利さんは足繁く通い、納得のいく商品だけを取り扱っている。
 商品には自信があるということで、店長の毛利さんに聞くと「商品説明については、過度に誇張した表現にならないよう心がけている」とのことだ。この辺りはさらりと言っているが大切なことであり、ページ上で言わなければならないことと過度な表現とは違うということは認識したい。
 毛利店長に、2015年はどのような展開を考えているのかと聞いてみたところ、「お客さまから見たデザインの部分をなんとかしたい。これまでサイトのデザインなどは自分たちでやってきましたが、そろそろ限界かなと思います。サイトだけでなく、ギフト箱や紙カタログなどお客さまの接点となる部分のデザインを改善していきたいと思っています」とのことだ。
 自社サイトについては昨年末に斬新なデザインでリニューアルしている。
 「商品の販売だけでなく、ポルトガルという国やワインの情報を多く載せて、ポルトガルに興味を持った方が集まるサイトにしていきたいです」と毛利さんは言う。
 現在、コンテンツマーケティングが流行っているが、地に足がついた毛利さんのウェブ・EC戦略は他のサイトとは一線を画している。


〈筆者プロフィール〉
かわづれ・かずとよ
 87年からテレビCM、TV番組、CGの制作に関わる。95年にウレタンフォーム製造・販売のソフトプレン株式会社に入社。00年に低反発枕などウレタン商品販売専門店として楽天に出店し、03年に楽天ショップ・オブ・ザ・イヤーのジャンル賞を受賞。楽天にて、モバイル講師、HTMLメルマガ講師を務めた。04年にSAVAWAYを設立。1962年静岡県生まれ。

人気の「オリーブオイル」は毎月約1500万本出荷するヒット商品だ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ