【勝手にECサイト分析】134 ミズヨシ「Timeless Clothingココチヤ」/時を超えた"愛着"に応えるショップ

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「ココチヤ」のトップページ

 新潟県燕市でファッションECサイト「Timeless Clothing(タイムレスクロージング)ココチヤ」を運営する水吉孝店長は、「モール店から自社ドメインの方に在庫を避難させたりしています」と話す。
 「ココチヤ」は「定番」と呼ばれるポロシャツやジーンズなどを専門に扱うネットショップである。06年に楽天店、09年に自社ドメインショップを開設した。
 水吉氏はファッション業界全体が流行や変化ばかりを追い続け、「定番」と呼ばれるものでさえ、必要が感じられないマイナーチェンジを続けることに疑問を持っていた。
 顧客からみればヘビーローテーションというよりは「いつもの服」という表現が一番適切かもしれないが、数年がたち「いつもの服」を買おうとしても、もうそのときには同じものはないのが一般的である。
 考えてみれば「いつもの服」とは、「あって当然、ないと困る」というレベルのニーズであり、一般的な「お気に入り」よりもさらに強いデマンドといえるかも知れない。
 「ココチヤ」は店名に加えられている「Timeless Clothing」の名の通り、時を 超えた〝愛着〟に応えるためのショップである。

■在庫切らさない工夫

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月20日号で)

《筆者プロフィール》
ささもと・かつ
 全国各地で有名ネットショップを輩出。自治体・関連団体でもEC関連の講演や講師を務めている。DeNAやヤフーのショッピング事業部スタッフへのレクチャーや、ドリームゲートの起業講座のほか、上場企業から中小企業までコンサルサイトの累計は約600社に至る。多岐にわたる業種でのコンサルティング実績も豊富。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ