【インタビュー】 UUUM 経営企画室統括 松山奨執行役員/ファンの熱量をCVRに変換

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 クリエーターのマネジメント事業を手掛けるUUUM(ウーム)のEC事業が成長している。17年12月に開設したECサイト「MUUU(ムー・ドットコム)」で販売するのはユーチューバーなどの関連商品。商品数は1品目から1400品目にまで拡大した。18年5月期における物販事業(イベントでの物販を含む)のグッズ販売個数は、前期比68%増の11万8000個だった。動画投稿サイト「ユーチューブ」で商品を紹介し、ECサイトに送客。ファンの熱量を購買に変換し、高いコンバージョン率(CVR)を実現している。「ムー・ドットコム」を立ち上げた松山奨執行役員に、これまでの取り組みや展望について聞いた。

■視聴者は月間数千万人
────ウームが展開するEC事業の特徴を教えてください。
 クリエーターが持つ多くのファンに直接リーチできて、商品を販売できる点です。「ユーチューブ」で配信するチャンネルの登録者数ランキングを見ると、ウームに所属するクリエーターのチャンネルはトップ10位までの8チャンネル、100位までの37チャンネルを占めています。月間で数千万単位のユーザーがウームのクリエーターの動画を見ています。動画でイベントグッズを紹介すると、ECでの再販を求める声が動画のコメント欄やツイッター上にリアルタイムで入ってきます。そこまで熱量が高いサイトは他にありません。

(続きは、「日本ネット経済新聞」09月13日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ