【ECに役立つサイト内検索支援】 神戸デジタル・ラボ〈「sui—sei」〉/アパレルECサイトの導入実績多数/検索結果の表示速度に定評

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 神戸デジタル・ラボ(本社兵庫県、永吉一郎社長、(電)078—327—2280)は、「検索によって魅力的なお店作りを支援するサイト内検索サービス」をコンセプトに、ユーザーが商品を見つけやすい検索環境を整備することを目指した「sui—sei(スイセイ)」を展開する。
 サイト内検索システム「スイセイ」はサイト内検索をさまざまな角度から最適化できるサービスを備える。「リッチサーチ」では、検索スピードを改善しつつ、商品カテゴリーの絞り込みや、入力ミスに対する検索候補の案内など、顧客の商品検索を円滑にする機能がある。
 導入後は検索結果の「チューニング」も運用の中で行う。検索が予想される文言を想定し、入力した際に探したい商品がヒットするように専門のエンジニアが調整する。
 また、操作しやすさのインターフェースの改善に加え、煩雑な入力を解消することで入力速度を向上させて離脱を防ぐ。検索リクエストの負荷分散もできるため、検索から商品情報をECサイトに表示する速度にも定評があるという。
 導入事例によると、平均して検索結果が1秒前後改善したほか、検索回数が118%増、再検索率の3割減、0件ヒット発生率が半減させるなどの効果が得られたという。
 「リッチサジェスト」は、サイト内検索のフリーワード検索の際、候補となるキーワード(サジェスト)とともに、該当する商品の情報や商品画像を表示する機能。表示する商品情報は、新着や売れ筋商品、おすすめ商品など特に売り込みたい商品を選択できる。
 人気が高い商品をランキング化できる特徴もある。また、売り出したい商品の差し込みで検索上位への設定も可能だ。サジェスト機能を利用するECサイトでは、サジェスト機能経由での売り上げが月間で投資対効果が5倍以上という結果も出ている。
 ファッションECに人気なのが、組み合わせ画像でコーディネートを提案する「リッチコーデ」。自社のECサイトにある商品を組み合わせてコラージュし、コーディネートの作成が可能。ドラッグ&ドロップだけで複数の商品画像を用いて1枚のコーディネート画像を作る。ウィジェットや新着一覧、詳細ページ、検索画面など、自動でさまざまコンテンツの見せ方もできるという。いくつかのサービスで必要なものだけ選択し、EC店舗を充実させることが強みだという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


ECに役立つサイト内検索支援 特集記事
List

Page Topへ