PB開発に役立つ化粧品OEM

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

※アンケートの内容を基に作成 ― は無回答

 製品を発売した瞬間に世界中のネットショップがコンペティターになるというネット通販の特性を考えたとき、仕入れ品やどこにでもある商品だけで戦い続けるのは困難だ。化粧品ECにおいても、エッジの利いたPB商品の開発が、以前にも増して求められている。工場を持たない企業にとって、OEM会社は、PB開発において、重要なパートナーとなる。「どこと組むか」が肝心だ。

(続きは、「日本ネット経済新聞」11月15日号で)

掲載企業
・ベルジュラックジャポン
・東洋ビューティ
・セントラルコーポレーション
・天真堂

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ