【Eコマース業界地図 「ECサイト構築サービス編」特集〈リピートカート〉】〈注目サービス〉 PRECS〈「リピスト」〉/乗り換えが急増/LP一体型、インフラ環境が理由

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

岸田隆統括マネージャー

 PRECS(プレックス、本社東京都、廣田朋也社長)が提供するリピート通販専用カート「リピスト」は、他のカートシステムからの乗り換えが急増している。「LP一体型フォームでCVR(転換率)を向上したい」「顧客数が増加しても安心して利用できるインフラ環境を整えたい」などが乗り換えの主な理由だ。
 「リピスト」では1年間で100店舗以上を新規に開設し、構築実績は600サイトを超えた。利用店舗の年間流通総額は580億円に達している。
 初期費用2万9800円(税別)、月額料金1万4800円(同)から利用できるライトプランから、複数店舗を運営したり、大型プロモーションを展開する中堅・大手企業向けのエキスパートプランまで用意している。
 「基幹システムを持つ大手企業や、古くから続く通販企業へは、ウェブからの受注部分(LPフォーム)のみを利用できる『LPフォーム専用プラン』も提供している。大規模なシステム移管をせずとも、手軽にウェブからの受注増加を支える」(ASP事業部・岸田隆統括マネージャー)と話す。
 アフィリエイトなどの広告管理やCVRを高めるLP一体型フォームなど、新規獲得に強い機能の提供だけでなく、成長企業を多数支援してきたノウハウを提供する。多彩なパートナーを紹介したり、制作や運営を代行したりもしている。
 今後は決済、CRMツール、チャット型購入フォーム、LINE@、倉庫管理システム(WMS)など、外部ソリューションとの連携をさらに強化する。クライアントのニーズに応じた開発にも注力。来年以降のリリースに向けて新たなプラットフォームの開発にも着手している。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Eコマース業界地図 「ECサイト構築サービス編」 特集記事
List

Page Topへ