【Eコマース業界地図 「ECサイト構築サービス編」特集〈クラウド(カスタマイズあり)〉】〈注目サービス〉 インターファクトリー〈「ebisumart」〉/サイト構築数580超/クラウドで群を抜く導入実績

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

三石祐輔取締役

 インターファクトリー(本社東京都、蕪木登社長)が提供する「ebisumart(エビスマート)」はサイト構築数が580を超え、カスタマイズに対応するクラウド型ECプラットフォームで群を抜く導入実績を築いている。19年5月期における導入企業の流通総額は、前期比40%増の860億円と大きく成長している。
 「エビスマート」は10年1月からサービスを提供している。カスタマイズに対応する国産のクラウド型ECプラットフォームとして最も歴史があり、実績も豊富だ。年間190回ほどの無料アップデートを行い、ECトレンドに合わせたサービスを構築している。
 ECプラットフォームとしてパートナーとのサービス連携も強化している。昨年、ZOZO(ゾゾ)グループのアラタナが提供するフルフィルメントサービス「フルフィルメント by ZOZO」と連携した。
 「パートナー第一号としてすでに数十店を開設させていただいた。今後も数十店を開設する予定だ。『フルフィルメント by ZOZO』 のパートナーは今後、増えるだろうが、先行者メリットはある。アラタナさんと一緒に機能強化も図っている」(三石祐輔取締役CMO)と話す。
 「フルフィルメントby ZOZO」は自社ECサイトの販売手数料を無料化すると発表しており、さらに引き合いが増えそうだ。
 ファッション企業だけでなく、BtoB企業の導入実績も増えている。ゼンリンにおいてはBtoCとBtoBを統合したECサイトを構築したりしている。導入店舗の約3割はBtoB企業だという。
 「今後さらにBtoB企業向けの標準機能を拡充し、サイト構築の期間やコストを減らしていきたい。BtoBに特化したバージョンの開発も検討している」(同)と話す。
 カスタマーサクセスによる導入企業のサポートや「エビスマート アカデミー」というユーザー向け勉強会も好評だ。今後、サポート体制やユーザー事例の共有などをさらに強化したい考えだ。
 システム面ではマイクロサービス化を推進し、プラットフォームの継続的な発展とスケーラビリティーの強化を実現する方針だ。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Eコマース業界地図 「ECサイト構築サービス編」 特集記事
List

Page Topへ