〈特定商取引法〉 越境取引の仕組みづくりも/改正検討会で今後の議題に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

検討会の初会合のようす

 消費者庁は、2月18日に開催した特定商取引法及び預託法の改正に向けた検討会の初会合で、「経済のデジタル化」に対応したルール整備を議論のテーマに掲げた。ECモールを含むデジタルプラットフォーマーの問題や、定期購入関連の消費者トラブルの問題のほか、越境ECなどの「越境取引」についても、議論を行っていくとしている。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ