PRECS/LINEツールと連携/セグメント、シナリオ配信可能に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

PRECSの管理画面にある「e-LINK」ボタンからメッセージの管理画面の遷移できる

 PRECS(プレックス、本社東京都、廣田朋也社長、(電)03―6284―2812)は8月1日、カートシステムにおいてLINEの公式アカウント専用の拡張ツールと連携したと発表した。LINEでつながったユーザーに対して、メッセージのセグメント配信やシナリオによる自動応答を実現できるようにした。
 PRECSが提供するリピート通販向けカートシステム「リピスト」や総合通販カートシステム「PRECS(プレックス)」が、バイモソフト(本社東京都、西嶋博孝社長)が提供するLINE公式アカウント専用拡張サービス「e―LINK(イーリンク)」と連携した。
 カート導入店舗は「イーリンク」と手軽に連携でき、LINEを通じた1対1のチャットはもちろん、セグメント配信やシナリオによる自動応答などを活用できる。LINE内にメニューの設置やアンケート機能の活用、レコメンド商品のコンテンツの配置なども実現できる。
 「イーリンク」との連携機能は、初期費用無料で利用できる。月額費用は固定費の3000円に加え、1通当たり10円を徴収する。連携キャンペーンとして9月末まで月額費用も無料にしている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ