〈ジュン、マッシュホールディングス〉 ECモールを開設/運営会社は5年後に上場狙う

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

写真左からマッシュ・ホールディングス・近藤広幸社長、ジュン・佐々木進社長

 ジュン(本社東京都、佐々木進社長)とマッシュホールディングス(マッシュHD、本社東京都、近藤広幸社長)は12月17日、アパレルや化粧品、食品などをそろえたライフスタイル提案型のECモールを開設すると発表した。19年10月の開設を目指す。共同出資のモール運営会社は、5年後の株式上場を目指す。
 両社が50%ずつ出資する運営会社を19年2月に設立する。(1)ファッション(2)ビューティー(3)スポーツ(4)フード(5)ライフスタイル─の五つのカテゴリーを軸に感度の高い商品をそろえたECモールを、19年10月10日に開設する予定だ。
 ECモールはジュンとマッシュHDのブランドだけでなく、他社のブランドにも参画を促す。すでに、食のセレクトショップ「DEAN&DELUCA(ディーンアンドデルーカ)」などを運営するウェルカム(本社東京都、横川正紀社長)の参画が決定している。
 両社のコンテンツ開発力や販売力を生かし、スタイリストがブランド横断的なコーディネートを提案したり、ブランド同士のコラボ商品を開発したり、モール限定の新ブランドを開発したりする予定だ。他社が管理するモールで販売を伸ばすのではなく、ブランドの魅力を発揮できるモールを自ら作ることで、さらなるEC事業の拡大を図る。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ