Shopify Japan/4日間で1700億円販売/利用企業の過去最高実績更新

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

モバイルの売り上げがデスクトップ(PC)を上回った

 グローバルなECサイト構築プラットフォームを展開するShopify Japan(ショッピファイ、本社東京都、マーク・ワング代表)は12月3日、ECの販売商戦「ブラックフライデー/サイバーマンデー(BFCM)」における利用企業の販売実績を発表した。11月23~26日の4日間で1700億円以上を販売し、過去最高の実績だったという。
 「BFCM」は感謝祭を挟む金曜日と月曜日にセールが集中する販売商戦のこと。カナダ発のECサイト構築プラットフォーム「ショッピファイ」では欧米の利用店舗が多く、「BFCM」は年間で最も商取引が活発化する。
 「BFCM」のピーク時には1分間で1万978件の注文が発生し、約1億円の商取引があった。全体の売り上げの約66%はモバイル経由の注文で、18,5%は越境ECの取引だったという。
 最も売れたアイテムは、ファッションやアクセサリー関連商品だった。ブラックフライデーだけで60万点近くのトップス、30万点近くのコートやジャケット、20万個の靴が売れた。特に人気が高かったブレスレットは14万個が購入されたという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ