Shopify Japan/シッピーノとAPI連携/受注から出荷依頼まで自動化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

API連携のイメージ

 世界トップシェアのECサイト構築システムを提供するShopify Japan(ショッピファイ・ジャパン、本社東京都、マーク・ワング代表)は9月27日、ECサイト構築システム「ショッピファイ」と自動出荷サービス「シッピーノ」のAPI連携を実施したと発表した。受注から出荷依頼まで自動化したり、複数店舗の在庫を同期させたりできるようになった。
 「ショッピファイ」はパートナー企業が開発した機能を「アプリストア」を通して導入企業に提供している。導入企業はアプリストアで自動出荷サービス「シッピーノ」のアプリを導入することで、利用を開始できる。
 「シッピーノ」導入企業は、出荷業務を自動化できるため、業務を削減できる。購入者向けに出荷完了メールを自動送信することも可能だ。
 「ショッピファイ」はカナダ発のECサイト構築システムで、17年から日本でのサービス展開を本格化している。日本の事業者向けのアプリを拡大しており、さらに導入企業を増やしたい考えだ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ