SGホールディングス/12月、東証に上場/佐川急便の持ち株会社

 宅配便大手の佐川急便の持ち株会社であるSGホールディングス(本社京都府、栗和田榮一会長、(電)078―671―8600)は11月6日、東京証券取引所から上場を承認されたと発表した。上場予定日は12月13日。上場によって知名度を高め、優秀な人材確保を狙うとともに、アジアでの物流投資を加速する。
 売り出し株式数は7158万2900株。需要に応じて719万2500株を追加販売する。1株当たりの売り出し価格は12月4日に決定する。
 SGホールディングスの今期(18年3月期)連結業績予想は、売上高が1兆円、営業利益は580億円、経常利益は600億円、当期純利益は330億円の見通し。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ