MonotaRO/北海道に物流新拠点/当日出荷・翌日着が可能に

 MonotaRO(モノタロウ)は12月1日、札幌市内の新たな物流拠点「北海道ディストリビューションセンター」を稼働する。これまで手薄だった北海道への物流サービスを強化することで、新たな顧客を獲得していく。
 新拠点は「道央札幌郵便局 札幌物流ソリューションセンター」内に設けた。日本郵便に配送業務を委託する。新拠点の面積は約990平方メートル。
 これまで北海道エリアでは「当日出荷をした場合でも商品の受け渡しに2~3日を要していた」(広報)。新拠点の稼働により当日出荷・翌日着のサービスが可能となる。
 同社のプライベートブランド(PB)商品のコピー用紙で必要となっていた北海道エリアへの地域割増運賃も解消される。
 同社は今年4月に茨城県笠間市内に新拠点「笠間ディストリビューションセンター」を本格稼働させた。14年に稼働させた兵庫県尼崎市内の物流センターと合わせて約50万点の在庫保有能力を持つ二大拠点体制を敷いている。関西を中心に中小規模の拠点増設も進めており、北海道の新拠点は8拠点目となる。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ