リバークレイン/深夜早朝の配送を開始/送料無料サービスは廃止に

 バイク用品EC「ウェビック」を運営するリバークレイン(本社東京都、信濃孝喜社長)は9月29日、21~24時または6~9時の深夜・早朝の時間帯に商品を受け取れるサービスを開始した。同日、送料無料サービスを廃止。送料を一律380円に改めた。
 同社は9月29日から、速達サービス「エクスプレス便」を開始した。通常の送料に追加して324円(税込)を支払うと、商品の当日受け取りや深夜・早朝受け取りのサービスを受けることができる。関東エリア限定でサービス提供を行う。
 エクスプレス便の開始は、ヤマト運輸の送料値上げに伴うもの。送料無料に変わる新サービスとして、深夜・早朝受け取りを開始した。324円の追加料金については、エクスプレス便の利用者に324円分のサイト内ポイントを贈呈することで、実質無料にするサービスを期間限定で行っている。期間は未定だが、12月末までは継続する予定だという。
 送料は、一律380円に改めた。これまでは3000円以上の注文は送料無料で、3000円未満の注文の場合、630円(税込)の送料が発生していた。従来は、配送をヤマト運輸だけに委託していたが、ヤマト運輸と佐川急便、日本郵便、MagicalMove(スキャッチ)の4社に委託する形に改めた。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ