【美容機器】

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 美容効果が期待できる素材や機能性に対する消費者の関心が高まっている美容機器。17年の水素水生成器へのバッシングにより、美容関連機器も水素水から浴室用の「水素風呂」や吸引タイプの水素関連製品の開発が増えている。訪販やネットワークビジネス(NB)では、口頭で製品説明するよりも、サロンなどで体験することで販売につなげる企業が目立つ。品質の高さから、海外からの引き合いも引き続き高まっており、18年は、海外への販路を持つ販売事業者や海外展開を視野に入れる販売事業者にとっては、売り上げ拡大のチャンスが期待される。

■掲載企業
・アクアバンク
・オーゾラ
・ドクターセラム

(続きは、「日本流通産業新聞」1月11日号で)

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


美容機器 特集記事
List

Page Topへ