シニアライフクリエイト/シニア向けおせちの販売を開始

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

高齢者向け「おせち料理」の販売を開始

 「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」をフランチャイズ(FC)展開するシニアライフクリエイト(本社東京都、高橋洋社長)はこのほど「おせち料理」の販売を始めた。大晦日の12月31日に自宅に届ける。
 1人用から家族向けの3~4人用まで人数に合わせた商品や、高齢者向けの「おせち」として、食べやすさ、栄養価、塩分に配慮した8種類のおせちを用意した。
 食べやすさでは、海老の角部分や尻尾の剣をカットすることで、手指や口腔内を傷つけないよう配慮した。また、タケノコやゴボウなど繊維の強い野菜は、食べやすいように軟らかく調理。田作りやイカなど硬い食材は、高齢者のそしゃく力や飲み込む力に配慮したやわらかさに仕上げた。さらに、酢の物は、むせにくいように酸味を調整するなど工夫を施した。
 「おせち」を配達する12月31日は、各店舗で品書きを付けて専用の風呂敷で丁寧に包むという。通常より注文数が多いことや、1個が大きいことから、店舗によってはレンタカーを借りて「おせち配達特別体制」で届ける所もあるという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ