ヤクルト本社/新CMに大関・貴景勝を起用/「ヤクルト1000」の販売強化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

大関・貴景勝も出席した新CMキャラクター発表会の様子

 ヤクルト本社は19年12月19日、都内で「Yakult(ヤクルト)1000」の新CMキャラクターに大相撲の大関貴景勝を起用すると発表した。同日、都内で新CMキャラクター発表会を開催、お笑いトリオのダチョウ倶楽部が参加した。
 発表会では、取締役専務執行役員執行役員の成田裕経営サポート本部長と、取締役常務執行役員の林田哲哉食品事業本部長が登壇。成田専務は「貴景勝関は大関として相撲界の第一線で活躍、日々プレッシャーと戦っている姿が『ヤクルト1000』のCMコンセプトにマッチした」と起用した理由を説明した。林田常務執行役員は「発売当初の売り上げは目標を大幅に上回ることができている。効果を実感された方の声をたくさんいただいている」と話した。
 発表会で貴景勝関は「ヤクルトは小さい頃からよく飲んでいて親しみがある。今回のヤクルト1000はストレス緩和と睡眠の質を高めることに役立つと聞いたので、部屋に広げていきたい」と話した。
 発表会では新CMのメイキング映像を紹介。実際の千賀ノ浦部屋の土俵で撮影した時のエピソードを披露した。貴景勝関は「まげを結うシーンは、カメラの前で見せる機会が少ないので少し緊張した」と話した。今回、朱色でヤクルトの容器をデザインした特製化粧まわしを贈呈。化粧まわしを付けた貴景勝関の等身大パネルも登場した。貴景勝関には「ヤクルト1000」1年分がプレゼントされた。
 「ヤクルト1000応援隊」のダチョウ倶楽部が登場し「ストレス緩和ギャグ」を披露。貴景勝関は「以前から大好きだったのでうれしい」と話すと、上島竜兵は「同じ兵庫県出身として親友になりたい」と応じた。上島竜兵と貴景勝関が腕相撲対決をするなど盛り上がりを見せた。

発表会にはダチョウ倶楽部も参加

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ