御木本製薬/シワ改善化粧品発売へ/訪販ではポーラに次いで2社目

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「リンクル アドバンスト クリーム」

 「ミキモトコスメティックス」の名称で化粧品訪販事業を展開する御木本製薬(本社三重県、田中利尚社長)は20年1月、シワ改善の薬用クリームを発売する。シワ改善の認可を得た薬用化粧品を展開するのは、訪販化粧品市場ではポーラに次いで2社目。御木本製薬では、シワ改善の薬用化粧品のOEM製造も受託するとしている。
 20年1月10日に発売する医薬部外品のクリーム「リンクル アドバンスト クリーム」は、シワ改善の有効成分である「ナイアシンアミド」と、アコヤ貝由来成分を中心とした、ミキモトコスメティックスのオリジナル成分を配合している。
 「ナイアシンアミド」は、表皮と真皮の両方に働きかけ、シワ改善の効果を発揮をする。オリジナル美容成分の「バールコンキオリン」「パールコラーゲン」といった保湿成分が、肌に潤いをもたらすとしている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ