NTC/服を採寸するカメラアプリ/アパレルECで試着体験

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「mysizeis.clothes」を利用した採寸の流れ(左から=洋服を置く→スマホアプリで撮影→採寸結果がすぐに確認できる)

 ITシステムやサービスの企画開発、運営を手掛けるNTC(本社東京都、和田賢太郎社長)はこのほど、服の採寸専用アプリ「mysizeis.clothes(マイサイズイズ・クロージズ)」の提供を開始した。
 アプリは、スマートフォンのカメラで撮影するだけで、洋服の「肩幅」「着丈」「袖の長さ」「身幅」などを瞬時に採寸できるのが特徴だ。
 ジャケット、Tシャツなどトップスのほか、スカートやワンピースなどにも対応する。
 撮影した洋服の写真に対して、AI(人工知能)と画像解析技術を応用した処理を行うことで、「ささげ業務」(採寸)の自動化が実現できる。採寸結果はクラウド上にそのまま保存される。
 今回のアプリの先がけとなる体の採寸アプリ「mysizeis」は17年にリリースした。正面と側面の全身写真を撮影するだけで、体のサイズの採寸を可能にした。ユーザーの体にマッチした商品をレコメンドすることもできる。
 このほどリリースしたマイサイズイズで採寸したデータとマイサイズイズ・クロージズで採寸した洋服データをマッチングすることで、EC上で試着体験できる。サイズ違いによる返品率の削減とEC利用率の向上が期待できるとしている。採寸結果はアプリ、ウェブ上からいつでも確認可能だ。「将来的には、フリマアプリやネットオークションなどを利用している一般ユーザー向けにもご利用いただけるようなサービスとしての展開も検討している」(インキュベーション推進部・江尻卓弥担当課長)と話した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ