クレディセゾン/リフォームローンを開始/施工会社を自由に選択可能

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「セゾンのリフォームローン」の取り扱いを開始

 クレジットカード会社のクレディセゾンは19年1月16日、今後のリフォーム需要の増加を見込み、「セゾンのリフォームローン」の取り扱いを開始した。「非提携型」のローンであるため、カード会社から提携会社の指定がないのが特徴だという。「建設業の許可」を受けているリフォーム会社ならば、どこでも利用できるという。
 消費者にとっては、リフォーム会社を自由に選ぶことができるというメリットがある。
 同社では、「当社のローンを利用していただければ、リフォーム事業者も、代金の不払いといった決済上のリスクに煩わされることなく、安心して施工対応に集中できるようになる」(ファイナンスビジネス部ファイナンスビジネス推進課長吉澤しのぶ氏)と話している。
 同ローンの融資額は、最小30万円から。最大500万円まで。
 消費者は、リフォームを行う前に、仮審査を受けることも可能。融資の可否だけでなく、融資される費用の上限を事前に知ることもできるという。
 建設業法第3条に基づき「建設業の許可」を受けている会社が対象。国土交通省が発表している18年3月末時点での事業者数は、46万4889社ある。
 同ローンについての問い合わせは、クレディセゾンリフォームローンデスク((電)0120—417—252)で受け付けている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ