【ニューフェイス〈本紙初登場〉】 〈オアシススタイルウェア〉/スーツに見える作業着リピート率は50%

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

中村有沙社長

 オアシススタイルウェア(本社東京都、中村有沙社長)は18年3月から、スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」を販売展開している。
 見た目はスーツながら、防水・速乾・撥水性に優れ、現場作業がしやすい機能性とデザイン性が特徴だ。丸洗いが可能で、形状記憶素材のためアイロンがけが不要。女性目線で開発された女性用ワークウェアスーツも取り扱っている。
 同社は17年12月に設立した。もともと、水道工事業を手掛けるグループ会社の10周年記念でユニフォームを刷新したことが事業のきっかけだった。「スーツ型作業着」は当時グループ会社で人事を担当していた中村社長の発案。建設や運送、清掃などに従事する人から、「仕事終わりのデートや食事にそのまま行ける」「第一印象が良く、お客さまからも好評だ」と評判になり、作業着を着用する多くの企業から問い合わせが殺到したことで会社を立ち上げた。

(続きは、「日本ネット経済新聞」8月8日・15日合併号で)

【データ】 ■販売チャネル「自社サイト」「ロコンド」「アマゾン」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ニューフェイス 連載記事
List

Page Topへ