【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□217 ジャパンEコマースコンサルタント協会 小林厚士理事〈「ブエノチキン浦添」〉/コピーやデザイン駆使し、鶏の丸焼き1点勝負

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「ブエノチキン浦添」のトップページ

 沖縄県浦添市にある「ブエノチキン浦添」は、実店舗とネット通販を運営しています。なんと商品は沖縄県産若鶏の丸焼きの1点のみです。
 実店舗がメインですが通販にも力を入れています。売上比率は店舗が7割、通販が3割とのことです。沖縄において鶏の丸焼きは日常に浸透しており、同業種となる丸焼き専門店(実店舗)も10店舗ほど存在します。ただ、ネット通販を本格化しているのはこちらのショップだけだそうです。
 他県の店舗がネット販売しているケースはありますが、自社ECサイトで丸焼きだけを扱う店舗はほとんど存在しないようです。
 ECサイトのコンセプトは「家族で囲むにぎやかな食卓を提供する」。
 丸焼きを1人で食べる人はあまり多くありません。同業事業者には真似のできない味付けはもちろんのこと、価格にも絶対的な自信があるといいます。


■SNSなどで発信

 販売商品が沖縄産若鶏の丸焼きのみなので見せ方に苦労したそうですが、

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月11日号で)


〈筆者プロフィール〉
こばやし・あつし
 99年に楽天市場出店。最大7つのECサイトを運営。楽天店舗では02年、楽天ショップオブザイヤースーパーオークション賞受賞。長野県・新潟県・富山県・山梨県登録専門家(IT部門)。経済産業省中小企業支援ネットワーク強化事業 認定専門家。物販で培ったマーケティングノウハウを生かす、経営視点かつ現場最優先の実践的なコンサルティングを得意とする。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ