【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第216回 〈京扇子専門ECサイト「白竹堂」〉/伝統と現代感覚融合した商品を提供

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ネットショップ担当のスタッフ

 平安時代に始まり、1200年の歴史を持つ「京扇子」。京都市内に3店舗を構え、京扇子を製造・販売する「白竹堂」は、今年創業300周年を迎える老舗。古典的な扇子からモダンな扇子、コラボ商品まで多彩な品ぞろえで、幅広い人々に人気の店だ。商品制作、ネットショップの客層、用途などについて、ネットショップスタッフに聞いた。

◆こだわり・特徴

 代々受け継がれてきた職人の技と、新たな素材やデザインを取り入れたりする現代感覚の融合。白竹堂の扇子は、伝統に新しい風を吹き込む物作りの精神から生まれる。
 「作り方や道具には先人の知恵が詰まっているので、それを理解し、伝えていくことが大切だと思っています。風をおこすという機能を果たした上で、そこに新たな感性を加え、使いやすさや見た目の美しさをより意識した物作りに取り組んでいます」

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月12日号で)

十二支の動物を配置した「迷彩十二支扇子セット」

透かし彫りを竹に施し、一本一本組み上げた竹扇子「凛扇子セット」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ