【Eコマース業界地図 「CRM編」特集】 FID〈「MOTENASU」〉/必勝パターンを提供/オンオフ融合のCRMを支援

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

和田聖翔社長

 リピートEC支援のFID(本社東京都、和田聖翔社長)が提供するマーケティングオートメーション「MOTENASU(モテナス)」では、ツールの導入だけでなく”CRMの必勝パターン”を実現するノウハウも提供している。メールやSMS(ショートメール)、LINE、DM、アウトバウンドコールなどオンラインとオフラインの施策を統合的に管理・分析し、最適なシナリオを導き出せる点が強みだ。
 マーケティングオートメーション「モテナス」やリピート通販向けカート「侍カート」を提供しているが、システム提供にとどまらず、事業成長や利益最大化を実現するためのCRMノウハウを提供している。
 ある程度の顧客基盤を持ち、多様なチャネルでのマーケティングを展開している中堅・大手の通販企業を対象としており、着実に課題解決や売り上げ拡大へ導いている。
 「当社が提案する『オンオフ融合マーケティング』は、メールやSMS、LINEなどのオンライン施策だけでなく、DMやコールセンターなどのオフラインの施策を融合したCRMのこと。オンラインとオフラインの顧客情報やマーケティングデータを一括で管理し、複数チャネルで実施したシナリオの成果を分析することで最適なCRMを実現できる」(和田社長)と話す。
 「モテナス」ではアウトバウンドコールでつながらなかった顧客にLINEやSMSを送付したり、さらにDMで掘り起こしを図ったりするCRM施策を自動化できる。顧客の行動などをもとにDMの内容をカスタマイズし、自動送付できる仕組みについては特許を取得している。
 顧客一人一人にユニークなQRコードを掲載したDMを送付し、ユーザーのクッキー情報を読み取ることで、ウェブサイトの閲覧履歴を可視化。ウェブでのアクションを起点にDMを再送したり、アウトバンドコールを実施したりできる。
 顧客の行動をすべて記録し、シナリオごとの成果を分析し、改善案を提案できる。
 「グループで複数の商品ラインアップを持ち、ECサイトを多店舗展開している事業者も増えている。複数のECサイトの顧客データを一元管理し、多角的に分析することでマーケティングの打ち手も広がる」(同)と話す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Eコマース業界地図 「CRM編」 特集記事
List

Page Topへ