【BtoB―EC】 〈ジェーエムエーシステムズ〉受発注サービスを提供/手間・人為的ミスを解消

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ビジネスソリューション本部ビジネスソリューション第2部・加納信太郎部長(写真右)と、同部EC事業企画グループマネージャー・坂井裕二郎氏

 システムの受託開発などを手掛けるジェーエムエーシステムズ(JMAS、本社東京都、坂倉猛社長、(電)03―3431―7401)は、BtoB事業者向けに、仕入れの際に発生する受発注を自動化するWeb受発注システムを提供する。手間と人為的ミスを徹底的に解消できる。
 「2nd STEP受発注サービス」は、電話、メール、FAXなど手作業で対応していた受発注業務をシステム化する。煩雑な業務を自動化することで、効率化を図る。
 同システムはスマホやタブレット型端末などのモバイルにも対応。「受発注に関して担当営業が電車移動の際などに気軽に確認でき、新規開拓など本来の業務に着手できる」(ビジネスソリューション本部ビジネスソリューション第2部・加納信太郎部長)と言う。
 同社はコンサルタントとしての役割も担う。「現在、ECの受発注システムの導入と、基幹系システム刷新の案件を担当している。柔軟な対応ができ、ワンストップでサービス提供できることは強み」(同部EC事業企画グループマネジャー・坂井裕二郎氏)と言う。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

BtoB-EC 特集記事
List

Page Topへ