小学館集英社プロダクション/月間アクセス数6万件/情報サイト介した顧客獲得図る

 通信教育「ドラゼミ」を手掛ける小学館集英社プロダクション(本社東京都、都築伸一郎社長)は、自社の教育情報サイトを活用して潜在顧客を獲得している。サイトでは家庭学習にまつわる記事を掲載。ドラゼミのブランドサイトへのアクセスや資料請求ができるようにしている。17年11月の同サイトへのアクセス数は6万件だった。現在「ドラゼミ」の会員数は約5万人。年間の新規受講者数は2万数千人で増加傾向だという。
 15年11月に情報サイト「作文力.com」を開設。「作文の書き方」「家庭学習」など八つのジャンルごとに、教育に関連する記事を掲載している。SNSの公式アカウントには同サイトや「ドラゼミ」のブランドサイトのURLを掲載し、送客を促している。
 SNSの活用も強化している。10月1~31日、ツイッターとインスタグラムでキャンペーンを実施。「我が家の家庭学習」とハッシュタグを付けて投稿をすると、抽選で50人に500円分の図書カードを進呈するもので、300件の応募があった。
 「会員数が多くないので口コミが発生しにくかったが、SNSを通した施策が口コミや会員以外の潜在顧客へのPRにつながってきている」(デジタルプロモーション課)と話す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ