【通販・訪販向け支援企業】19年有力製品・サービスを提案

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 訪販・通販企業にとって、取り扱い製品やサービスをどのように選ぶかは、その後の業績を大きく左右することがある。働き方改革が進む中で、企業にとって業務効率化も喫緊の課題だ。特集では、アクシズペイメントの決済サービスを導入したネットワークビジネスのニナファームジャポンの導入事例を紹介するほか、ドクターセラムのサプリメントや在庫を持たずに家電を仕入れることができるコスモスベリーズなど、2019年の通販・訪販・NB企業にとって役立ちそうな製品やサービスなど6社を取り上げる。

(続きは、「日本流通産業新聞」2019年1月10日号で)


■掲載記事
・アクアバンク/携帯水素吸引具「ケンコス3」を提案/産官学連携による臨床テストも/通販・訪販・NB向け
・ドクターセラム/抗酸化作用に期待の素材/美容・健康ドリンク「BFSS」を刷新〈通販・訪販・NB・エステ向け〉
・コスモス・ベリーズ/月1万円で家電仕入れが可能/ヤマダ電機店頭で展示会も〈通販・訪販・食品宅配向け〉
・アーネスト/「つけまフィッター」を提案/女優のロミ・山田さんと共同開発〈通販向け〉
・三友商事/ナノバブルの水素水生成器/訪販、宣伝講習販売、NB向けに〈訪販・SKH・NB向け〉

〈「ネットワークビジネス向け」アクシズペイメント決済代行・導入事例〉
・ニナファームジャポン/定期購入の機会ロス防止に貢献/クレジットカード決済を導入

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ