【化粧品支援のコールセンター】 通話時間が増える傾向 高品質のサポートを提供

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 化粧品通販を手掛ける企業数の増加と、顧客のメディア環境の変化に伴い、化粧品通販会社をクライアントに持つコールセンター各社の対応が変化している。化粧品を取り扱う企業が増えたことで、購入の間口と化粧品の選択肢が広がった。インフォマーシャルなどを見て実際に電話で問い合わせてくる顧客数は減少傾向にある。結果としてメディア露出を控えるクライアントが増え、電話での受注は減少する可能性がある。高い品質のサポートで顧客1人当たりにかかる通話時間を増やし、確実に売り上げ拡大につなげていく方針にかじを切る企業が増えているようだ。業界が変化しつつある中で、各社が持つサービスの強みやオペレーターの教育制度はどうなっているのか、コールセンター6社に話を聞いた。

■掲載企業
・テレネット
・日本トータルテレマーケティング
・カスタマーリレーションテレマーケティング
・ビーウィズ
・ダーウィンズ
・JPツーウェイコンタクト

(続きは、「日本流通産業新聞」1月1日 新年特大号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ