【食品宅配 Vol.48 第10回経営指標調査】顧客接点広げる動きが活発化

 本紙はこのほど、全国の食品宅配主要企業を対象に「経営指標調査」を実施した。食品宅配企業は近年、ネット通販や食品スーパーへの期間限定の出店などにより、顧客接点を広げる動きが活発化している。短時間で調理ができる「ミールキット」の人気が再燃。働く女性をターゲットにした共働き世帯のニーズを取り込んでいる。ヨシケイグループ、らでぃっしゅぼーや、大地を守る会などは新ブランドを積極的に展開している。16年4月~17年3月の間に迎えた決算期を対象に、各社の実績をまとめた。

(続きは、「日本流通産業新聞」11月9日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ