【訪販支援商材】 ピュアソン〈除菌水「ジアのチカラ」を提案〉/エビデンスが豊富に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ウイルス対策で人気の除菌水「ジアのチカラ」シリーズ

 洗剤や健康・美容関連商材などのピュアソン(本社東京都、浦辺修一会長、(電)03―5960―3121)が販売する、特許技術で菌やウイルスの除去が期待できる除菌水「ジアのチカラ」シリーズが人気だ。ウイルス対策への関心の高まりを受けて多数の引き合いがあるという。
 「ジアのチカラ」は、食品添加物の「酢酸」「次亜塩素酸ナトリウム」を、独自の特許技術で配合し製品化した。市販の次亜塩素酸ナトリウムと比べて約80倍の除菌力があるという。
 市販の次亜塩素酸ナトリウムはPH値が12~13(アルカリ性)なので、人体に有毒な「苛性アルカリ」を多く含み、除菌力が弱い「次亜塩素酸イオン」が100%に近い割合で含まれる。独自の製法特許取得の技術で、PHを5~6に安定化して、「苛性アルカリ」をゼロにし、除菌力の弱い次亜塩素酸イオンのほとんど全てを、除菌力の強い次亜塩素酸分子に変えて、除菌力が高まるという。
 同社では、第三者機関の協力を得て、加湿器を使用した噴霧で殺菌効果を実験した。業務用の大型空気清浄機を作動させて、ブース内を試験場とした。
 大腸菌を付けた試験片を複数用意し、ブースの壁面と床に設置。「ジアのチカラ」を20倍薄めた液を加湿器に入れて約3時間に渡って作動させた。
 その結果、試験片1枚当たりの大腸菌は全て不検出となり、黄色ブドウ球菌も同様の結果となった。高齢者介護施設や食品製造施設、美術館の収蔵庫などで一定の成果を挙げているという。
 濡れた部分など消毒用のアルコールで除去しきれないウイルスにも効果が期待できるほか、加湿器に入れても使用できる。発売から約30年に渡って、高齢者施設やテレビ通販、カタログ通販への卸売りを行うなど多くの実績を持つ。
 価格は500ミリリットルが1500円、4リットルが4100円。20リットルは9800円。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ